読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリデー独りぼっち

ひとり焼肉。ひとりディズニー。ひとり野球拳。ひとり○○を全て制覇します!!

ロッキー5 最後のドラマはクソ映画!(レビュー)

引っ越しが決定してから毎日のように部屋の片づけをしております(ハウスダストだから大変)。

 

そんでね。昨日こんなものが出てきたんだよ!!

 

f:id:yamada-norio-0802:20160829145650j:plain

 

ロッキー5 最後のドラマ

 

いやぁ~メッチャ懐かしいね。まぁ、懐かしいといってもリアルタイムでは見てないんだけどさ。小学生くらいの頃に父親にVHSを買ってもらったんだよ。ロッキーシリーズは全て見てるんだけど、何故か5しかなかった。

 

部屋の片づけを中断して久々に見てみた。

 

■あらすじ

ロシアの強敵ドラゴを倒したロッキーは、勝利の栄光とともに祖国アメリカに帰って来た。が、帰国直後の記者会見で、引退を匂わせる発言。ドラゴとの対戦後、体の震えが止まらなかったロッキー・・・。精密検査の結果、脳に回復不能な障害が生じていたことが判明。長年のボクサー生活の中で、あまりにも多くのパンチを浴びすぎたため、彼の脳は深刻なダメージを受けていたのだ。

医者の忠告で、ついに本当に引退せざるを得なくなったロッキーに、さらなる不幸が襲いかかる。

信頼していた計理士にだまされ、豪邸などすべての財産を奪われてしまったのだ。住む家も財産も失ったロッキーは、再び生まれ故郷のフィラデルフィアに家族と共に移り住む。そこには唯一、恩師ミッキーが残してくれたボクシングジムがあった。

そのジムで、トレーナーとしての再起を賭けるロッキー。そんな彼の前に、若きボクサー、トミー・ガンが現れる。トミーの才能とその野獣のような力に、過ぎ去りし日の自分を重ね合わせたロッキーは、彼をマン・ツー・マンで鍛え上げるが・・・。

 

■感想

クソ映画だなって思った。そもそもこの作品は賛否両論あるんだよね。ロッキーシリーズで1番のクソっていう人も多ければ、いやいや最高だよっていう人もいる。僕は前者。大昔見た記憶では「なんて楽しい映画なんだ!」と思ったはずなんだけどなぁ~。

 

とにかくね。ロッキーがもうボロボロっていうのがつまらない。1から4までのシリーズでは溌剌と戦ってきたロッキーがもうヘロヘロよぼよぼ。

 

そしてそんなボロボロでヘトヘトだからこそ自分自身の夢を青年トミー・ガンに託すの。5で初めてロッキーは育てる立場になるわけ。しかし、ロッキーがトミーに自分を重ねてしまっているシーンがあって、夢を諦めきれていないロッキーの姿がなんとも悲しいんだよね。ここは良い。

 

f:id:yamada-norio-0802:20160829152712j:plain

 

基本的にこの作品内でボクシング要素があるのはこのトミーの試合のみ。まるで若い頃のロッキーような力強さがあったトミーの戦いは全てが勝利で終わるため爽快に見ることができました。ここも良かったなって感じ。

 

一方、トミーが勝つ度にロッキーがマスコミに持ち上げられていたのはトミーの鬱憤をわかりやすく表現していたと思います。悪徳プロモーターにつくための布石って感じがして非常に良かった。

 

f:id:yamada-norio-0802:20160829152741j:plain


あっ、それだけじゃない。あとこの作品はロッキーの息子ロッキーJr.もストーリーに大きく関わってくるんだよね。トミーに入れ込むロッキーに嫉妬し、対抗意識からポーリーにボクシングを習うんだよ。その結果、彼のことを苛めていたクラスメイトに打ち勝つ姿は父親譲りだったね。でも、この事実でもロッキーが振り向かないというのは悲しいシーンだった。でも最後には不器用ながらも良い親子関係に戻っていく姿は微笑ましかった。

 

f:id:yamada-norio-0802:20160829152834p:plain

 

ここもまぁ、よかった。

 

あれ?褒めてばっかじゃん。じゃあ何がクソだったか?

 

最後の師弟対決ですよ!ロッキーとトミーが路上ファイトをするラストシーンですよ!

 

f:id:yamada-norio-0802:20160829151119j:plain

 

↑コレね。

 

何がクソってね。シンプルですよ。だってボクシングしてないんだもん!ケンカなんだもん!ケンカばかりしてた人間がボクシング始めたのに最後は結局ケンカするだなんてなぁ~。行き着く先はここだったってこと?

 

トミーとロッキーが戦うならリングの中だろ!それなのにラスト10分でいきなりストリートファイト開始!

 

お前らプロ意識はないのかよ!!何で元世界チャンピオンと現役チャンピオンが素手で殴り合ってんだよ!!

 

こう考えると、ある意味ラストがクソなだけ。でもラストがクソだったら全部クソになってしまうことに気づいた作品。

 

まぁ、5だけはボクシング映画っていうよりは、人間映画って感じだったから仕方ないのかな。でもそれだったらロッキーである意味がないよ。他の作品見るよ。……っていうのが僕の感想です。

 

■ロッキー名言集

色々と批判的な意見を言ってしまいましたが基本的には良い映画なんです。基本的に大好きな映画なんです。というわけでロッキーの名言集をまとめておきました(シリーズ別にね)。

 

ロッキー (字幕版)

 

聖書が言っているようにチャンスは二度ない/ロッキー・ハルボア

 

相手を叩きのめせ!稲妻を喰らい、雷を握りつぶせ!恐ろしい男になれ!/ミッキー

 

ロッキー2 (吹替版)

 

できないだと?できないことなんぞ何もない!右利きに変身したら歴史を変えられる!/ミッキー

 

お前が女であるように、俺にはこの道しかない。男として生きる道だ。/ロッキー・ハルボア

 

ロッキー3 [DVD]

 

人が何と言おうと、それを取り去ってみると最後に残るのは自分自身しかいない。/エイドリアン

 

ロッキー4 (吹替版)

 

挑戦や何かに立ち向かうことがなくなったら、戦士は死んだも同然なんだ/アポロ・グリード

 

俺は勝つために闘っている!俺のために!/ドラゴ

 

ロッキー5 [DVD]

 

テレビは目に悪い。耳にも悪い/ポーリー

 

恐怖は胸の奥で絶えず燃えている。その炎に焼きつくされないで、うまく使ったものが勝つんだ/ロッキー・ハルボア

 

恐怖はボクサーの親友だ。恥ずかしがることはない。恐怖はボクサーの感覚を研ぎ澄ませてくれる。/ロッキー・ハルボア

 

…。

 

……。

 

………。

 

…………以上です。というか映画見てないで早く部屋の片づけしなくちゃ。(´・_・`)